日本の都市を行く

新宿夜景
日本の都市を行く
タワー

日本 都市を行く


 

政令指定都市の定義

政令指定都市は、地方自治法で定められた都市で、政令によって指定されることから、政令指定都市と

呼ばれます。現在、札幌市、仙台市、新潟市、さいたま市、千葉市、川崎市、横浜市、相模原市、静岡市、

浜松市、名古屋市、京都市、大阪市、堺市、神戸市、岡山市、広島市、北九州市、福岡市、熊本市の20

の都市があります。(東京都23区は特別行政区のため、政令指定都市ではありあません。)

サンシャイン60

 今までは、人口50万人以上で、現実には人口100万人以上もしくは近い将来に

 到達する見込みがある市に指定されていました。

 これにより川崎市 福岡市、広島市、仙台市、千葉市が80万人台で政令指定

 都市に指定されています。

 2001年、市町村合併を推進したい政府の方針により、将来100万人を超えるこ

とが、不可能な場合でも2005年3月までに合併した自治体に限って、70万人で政令指定都市とする方針

が打ち出されたました。その第一号となったのが、静岡市です。

現状では、人口50万人を有し、国が指定する都市に緩和されている。

MENU

TOP

政令指定都市の定義

札幌市

仙台市

さいたま市

東京都

横浜市

名古屋市

京都市

大阪市

福岡市

プロフィール

リンク集

それでは、政令指定都市になるメリットは何でしょうか?

政令指定都市になると、都道府県とほぼ同一の財政上の権限を得ることで、地方交付税や道路整備関連

の財源が増え、各種事務の権限が都道府県から委譲されます。

また政令指定都市になると、市域を分けて行政区を設けることができます。実際には、住所表記が長く

なってしまいますが?

 

ライン
Copyright(C ) Toshi walker日本の都市を行く All Rights Reserved